top of page

こどもから予防して

虫歯ゼロを目指す

小児歯科は、こどもの成長・発育に合わせて骨格形成をサポートする必要があります。おとなの歯に生え変わる子どもの歯(乳歯)であっても、やはり虫歯にしたくないですし、乳歯に虫歯が多数あることで噛み合わせが崩れたり、将来の歯並びに影響が出てしまいます。

虫歯の原因・対応が明確になってきたからこそ、適切な対応をして予防をすることが重要です。

AdobeStock_452504993_Preview.jpeg
AdobeStock_248422954_Preview.jpeg

子どもの歯(乳歯)であっても

虫歯にさせない、したくない

まず、子どもの歯(乳歯)は、大人の歯(永久歯)と比べて、虫歯になりやすく重症化しやすいです。理由は、虫歯菌の出す酸に対しての抵抗性が低いということ、歯の構造が永久歯よりも薄いため虫歯になったら進行しやすいからです。

wix用素材_ストライプ_edited_edited_edited_edited_edited_edited_edited_edited_edited.png

生まれてきた赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいないと言われています。

ただ、愛くるしいスキンシップやコップやフォークの共有など大人が持っている菌を移す機会が増えるたびに、お子様も菌に感染していきます。特に3歳までが細菌に感染しやすい時期と言われています。

ただ、いつ虫歯菌に感染したかは全くわかりませんし、感染しているのかさえわかりません。

なので、感染していても虫歯に対してちゃんとし理解をし、それに対しての予防を行えば虫歯になるリスクは下げることができ、虫歯ゼロを目指すことができるのではないでしょうか。

bottom of page